<   2007年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

ココアシフォンケーキについて

f0001841_18271252.jpg


先日お菓子教室の生徒さんからご質問頂いてました。
「ココアシフォン」が膨らまない。というお悩みを・・・。

ココアの量にもよると思うのですが、ココアの油分?で液状になるケースで
さらさら生地になる現象があります。

写真は卵黄生地にココアを入れてからメレンゲと混ぜ合わせる方法で、
作ってみました。なんとか膨らみました。
でも素早くが基本です。

でもココアの量もあるのですが、お悩みな場合、ココアをお湯または
人肌ぐらいに温めた牛乳でごく適量でココアを溶かして頂いて
プレーンの卵黄生地とメレンゲ生地を混ぜ合わせた最後に、
すばやくココア液を混ぜて頂いて、型に流して焼かれると、膨らまない・・・
というお悩みが解決すると思います。

でも、注意としてメレンゲはいつもより気持ち固めにして下さいね。
そして、素早く混ぜる!というのもココアシフォンを作るときのコツだと思います。
そうしないと、メレンゲが消えていきますので・・・・。

また、ご質問があれば、お問い合わせ下さいね。





人気blogランキング参加中
1日1回応援クリックお願いします。nori

[PR]
by 3rdplacecafe | 2007-09-30 18:37 | noriさんレシピ

大阪・元祖『自由軒』名物カレー

「大阪で初めての洋食店」を謳い文句にする、難波の食堂『自由軒』。
創業は明治43年、約100年の歴史を誇る老舗です。
建物は第2次大戦後に再建されたもので、賑やかな千日前のアーケード街の中にあって、その素朴な風情は際立っています。
f0001841_1116781.jpg


その、自由軒の『名物カレー』を食べたくて、先週の日曜日午後からの
お菓子教室の前に、電車に飛びのリ行って参りました。
午前中はお店の方の仕込み、準備などをした後に、たった2時間で奈良⇔大阪(難波)⇔自由軒⇔難波⇔奈良のお昼ごはんを食べに行って参りました。
ひたすら歩いて食べて、帰ってまいりました(笑)

時々、ブログ読者の方から
「noriさんはいつ行かれるのですか?」
とご質問を頂きます。
時間が少しでもあれば、食べたいな〜と思ったら食べてます。
あと、知人の方がたのご紹介や手土産も多いでしょうか・・・。

「食べる楽しみを持ちながら味わう」普通の事かもしれませんが
おうちの御飯でも大切なことではないでしょうか・・・。
noriさん流、『一箸一善』


f0001841_11164298.jpg



作家・織田作之助の『夫婦善哉』で、主人公が「自由軒のライスカレー
はうまい」と称えているが、作之助自身も毎日食べに来るほどのファン
だったらしいと言われてます。
店内にも名物カレーの看板が掛かってます。

f0001841_1117758.jpg


昔ながらの洋食さん。という雰囲気。
席は満席・・・。
相席は当然のことです。
ずら〜りと並ぶスプーン、皆さん「名物カレー」待ちみたいですね(笑)
この活気がまた食欲をすすります。

f0001841_11173435.jpg


これが名物カレー。
f0001841_111814.jpg

初めて見る人はビックリすると思まれますが、カレールーと御飯が、
あらかじめ混ざっていて、その真ん中に生卵が落とされてます。
アツアツのライスの上で黄身を割ると、半熟気味になって絶妙な
まろやかな旨みが加わり、美味しさもアップします。
具は細かく刻まれたタマネギと牛肉です。
これらをフライパンで炒め、ライスとカレールーを混ぜ合わせて提供されます。

f0001841_11183099.jpg


ほどよいスパイシーさがあります。
テーブルに置かれてるオリジナルのウスターソースをお好みで
加えることで酸味が加わり、スパイシー⇔酸味⇔まろやかさが
ちょうど良く組み合わさったかのように、味がうまく調います。

f0001841_11185525.jpg

創業した時代には保温ジャーなんてなかったから、あったかいご飯で
出せなくてフライパンでカレーと一緒に炒めて作られたのが名物カレーの始
まりなんだそうです。
昔も今も変わらず続くこの名物カレーの味は、「自由軒」と名付けられた
創業者の心意気が込められたものから生まれたのでしょうね。

そして、ほかにおすすめなのが「オムライス」
f0001841_11191719.jpg

これが、また絶品。
ごくごく普通のオムライス。
でも、チキンライス、オムライスの卵の焼き加減、デミグラスソースの
バランスがいいんです。

f0001841_11194552.jpg


美味しくて変わらない味。
“庶民的な”洋食の味。
昔ながらのスタイルを守り続けている元祖『自由軒』の味。
難波、千日前を訪れる人たちの故郷の味と言えるかもしれませんね。






人気blogランキング参加中
1日1回応援クリックお願いします。nori

[PR]
by 3rdplacecafe | 2007-09-30 15:43 | カレー

奈良・大仏あんぱん

奈良と言えば『大仏』さま。
そんな奈良で親しまれてるあんぱん『大仏あんぱん』がございます。
noriさんが時々立ち寄るお店の一軒です。

近鉄奈良駅前より徒歩五分の場所にお店があります。
高天交差点からやすらぎの道を100mほど北へ行った奈良女子大学の
近くにあります。
お店の名前は「パネトーネ」
いつも、おじさんが奥の方で朝からパンを作ってらっしゃる姿が
温かい気持ちを頂きます。
このお店の名物、いえ奈良の名物『大仏あんぱん』は
なっ、なんと直径14cm、重さ300gという大仏級。
下の写真、デジカメケースを横において撮ってみました。
f0001841_1012737.jpg

これで、このあんぱんの大きさをお解り頂けるのでは・・・?!!
と思います。

皮の際まで粒あんがぎっしりつまってて、皮は香ばしく焼き上がってます。
f0001841_10123183.jpg

朝に買いにいくと焼き立ての温かい大仏あんぱんが買うことができますよ〜。
そして24年間、お値段同じ・・・147円。
本当に頭があがりません。

奈良の『大仏あんぱん』は大仏様のように温かい味の真心いっぱいのあんぱんです。

ぜひ、皆さんも寄ってみて下さいね。






人気blogランキング参加中
1日1回応援クリックお願いします。nori

[PR]
by 3rdplacecafe | 2007-09-30 10:28 | パン

ザ・ペニンシュラ東京『ザ・ロビー』で朝食

今年9月にオープンしたザ・ペニンシュラ東京
1928年の香港の創業以来、世界を舞台に格式高いホスピタリティーでゲストを
魅了し続けてきたラグジュアリーホテルです。
ザ・ペニンシュラ東京は日本と中国のデザイナーを起用され、
モダンデザインの融合となってます。
ザ・ペニンシュラホテルズは、各都市の文化や風景を尊重して建築やアートに
反映し、独自のスタイルとオリジナリティーで形成されてます。
ここ8番目となるザ・ペニンシュラ東京のコンセプトは「ペニンシュラスタンダードと
日本文化の融合」とされてます。

こちら、地下鉄直結の入り口。
f0001841_15512158.jpg


京の町屋にある千本格子を思わせる一階のロビーです。

f0001841_15522877.jpg


館内は木や石、漆など自然素材を組み入れ、杉の網代天井など現代の
日本伝統の技法を随所に凝らした造りとなってます。

f0001841_1552597.jpg


一階の正面玄関入り口すぐのロビーが「ザ・ロビー」。
こちらで、朝食、アフタヌーンティーが楽しめます。
午後からは両サイドに設けられた中ニ階のテラスからクラッシックの生演奏は
聴くことができます。

f0001841_15533973.jpg

テーブル席に置かれたお花・・・朝の目覚めをよくしてくれます。


そして、ザ・ロビーで朝食を♪

コンチネンタルや和定食がありますが、
ブッフェスタイルの朝食はありません。

まず、朝のフレッシュジュース。
「巨峰のジュース」
f0001841_15541139.jpg


テーブルセットも優雅です。
テーブル中央におかれた「darbo」の瓶。
これはジャムとはちみつとトマトソース。
もちろん一回ずつの使いきりです。贅沢ですね。

f0001841_15543913.jpg


卵料理から、シンプルな『オムレツ』をオーダー。
こちらは、注文するときに、卵の焼き方、お好み、ベーコンの焼き方まで
聞いて頂けます。
サービスもすごく良いです。

noriさんは、軽〜くオムレツの中にチーズを入れて頂いて、ごく薄味にして頂きました。ベーコンはカリカリはあまり好きではないので、こちらも軽く焼いて頂くことにしました。

f0001841_15552869.jpg

中はとろ〜り、ふっくら。
オムレツって、だから好きです。
シンプルな卵料理だけど、いつもオムレツを選んでしまいます。
卵は、近隣の養鶏場から仕入れられてます。
f0001841_15561561.jpg


そして焼きたてのペストリー。
f0001841_15564524.jpg

クロワッサンにフルーツディニッシュ、そしてマフィン!
マフィンが嬉しい・・・。
なんてたって、マフィンマニアですから・・・(笑)

クロワッサンもディニッシュもバターたっぷり使ったサクっとフワっとした
風味がよかったです。
f0001841_15571799.jpg

そしてマフィン。
生地の中にオレンジピールが入っててチョコチップが混ざってます。
生地はふんわりとしっとりと軽めの生地。
朝食にちょうどいい重たさかもしれませんね。
オレンジの香りがいいです。
ホテルのマフィンって、ごく一般的にケーキマフィンに仕上げられてるものが
多いですが、こちらはシンプルな味わいなので、甘さも香りもちょうどいい
バランスでした。
美味しかったです。

こちらのペストリーやチョコレートなどは、地下のカフェレストランでも
気軽に頂けます。併設されたブティックで購入もできます。
そして、オープンキッチンとなってるので作業されてる所も拝見できるので
楽しいですよ。

f0001841_1557534.jpg


私のテーブルを担当して下さった女性のサービスの方の笑顔が
とても素敵で朝から元気を頂きました。
色々お話してましたら、やはりアフタヌーンティーは人気で午後から
長蛇の列ができるそうです。
でも、来て頂いたお客さまのために、延長してアフタヌーンティーを
提供されてるそうです。
私もついつい
『それでは午後からは戦闘モードにスイッチ切り替えですね!?』
と言いましたら、小さなガッツポーズをされ
『今日も頑張ります』
と言われたその笑顔が何よりものサービスと私は感じました。





人気blogランキング参加中
1日1回応援クリックお願いします。nori

[PR]
by 3rdplacecafe | 2007-09-28 16:45 | ホテル

京都・鶴屋壽「嵐山 さ久ら餅 」

桜の季節ではないのですが、急に「さくら餅」が食べたくなって
鶴屋壽』の「嵐山 さ久ら餅 」を
先日お茶菓子に買って帰りました。
皆さんも、「ふとこれが食べたい〜」と思われませんか??
noriさん、ふとこれが食べたい!!と思うのが和菓子なんです。
時々は贅沢にお抹茶か煎茶などで頂いたら、心が落ち着くんですよね。
20代の頃は、そんなことも考えずに食べてたような・・・・。

「嵐山」といえば、noriさんにとっていくつか想い出があります。
ロマンチックな想い出ならばいいのですが、noriさんのずっこけ話でございます(笑)
京都では十三詣りという風習があるのですが、数えで13歳の時にお詣りに行くのですが
嵐山にお詣り場所あるんですね。
当時はまだ可愛いらし気なところの残ってて、中振袖に、髪も結って、おこぼ(舞妓さんが履く背が高い下駄のこと)を履いて嵐山へ行ったのですが、当時は砂利道の風情も
残ってて、着物を着た時くらいは、上品に・・・と子供ながら気をつけながら
歩いてたその時、
「どて〜」っと・・・・・(ひっくり返りました)
もう、その後は、皆さんのご想像におまかせいたします(笑)

そんな、当時のことを思い出しながら頂きました。
「嵐山 さ久ら餅 」
f0001841_15471630.jpg

白い道明寺を二枚の大島桜の葉ではさみ、ほんのりと甘い絶品のこしあんです。

f0001841_1549789.jpg

道明寺の餅特有の弾力とほどけるような優しい食感です。
たまらなく、美味しいです。
一口が贅沢と感じますね。
そのやわらかな味わいは塩漬けされた桜葉によって引きたてられ、
口いっぱいに桜の葉の香りが広がります。

ちょうど、22年前のひっくり返った春も嵐山に桜が咲いてました(笑)






人気blogランキング参加中
1日1回応援クリックお願いします。nori

[PR]
by 3rdplacecafe | 2007-09-27 17:08 | スイーツ

東京・目黒『drole cafe』

お天気が良いお昼のこと、夕方まで時間があるので中目黒に初めて
散策に行ってきました。
目黒方面は恵比寿か代官山までしか行ったことなく、いつものことながら
思うがままに・・・

中目黒の駅を降りて北も南もわからず、テクテクと歩いてると川沿いの道に
着きました。
あっ、ここが目黒川!!
雑誌などで目黒川沿いにカフェや雑貨屋さんなどのお店があるような記事の
記憶が・・・・。
ここを川沿いに歩いてると楽しいかも・・・・と、少し散歩することにしました。

f0001841_16555844.jpg


駅から15分ほど歩いた所に、何か気になるカフェを発見!!
雰囲気が私好み・・・。
drole cafe
8月に渋谷から目黒に移転されてきたそうです。

f0001841_16571078.jpg


細長いお店の入り口奥にはオープンキッチン、カウンター、テーブル席・・など
木の温もりを感じる広々とした空間があります。
f0001841_16581555.jpg


全てのテーブルには草花が・・・。
素敵ですね。

f0001841_16585948.jpg


若い女性客、学生さん、カップル・・・で店内はにぎわってます。
椅子も全てオーダーメイドという感じです。
一脚一脚、どこか違う感じ・・・。
緊張もせず、リラックスできる、こんなカフェ大好きです。
ぼ〜っとできて、一人でもくつろげる・・・。(その時私だけ一人客でした(苦笑))

f0001841_16592832.jpg


もちろん、ケーキセットを注文しました。
ケーキもこちらでハンドメイドされてる感じです。
他にスコーンなどの焼き菓子もされてます。
そんな、魅力あるお菓子のなかから『バナナタルト』を選びました。
すごいボリュームでしょ?!

f0001841_170933.jpg


タルトの生地、noriさん好み。
堅すぎず、柔らかすぎず、適度なサクッと感・・・。
チョコのカスタードクリームが美味しい。
そして、生クリームのムース上のもひつこくなくて、甘すぎず、ボリュームありましたが、完食!!(笑)

ぜひ、ほっこりまったりできるカフェ、おすすめです。





人気blogランキング参加中
1日1回応援クリックお願いします。nori

[PR]
by 3rdplacecafe | 2007-09-26 17:49 | カフェ

東京・神田『神田きくかわ』

先日カレーの食べ歩きで東京・神田に行くことに・・・・。
事前にネットでチェック。
定休日も大丈夫・・・地図もなんとか大丈夫でしょう・・・と
手帖片手に移動することに・・・。

noriさん自身、食べ歩きは毎度のことですが、基本歩きます!!
なぜなら、歩いてる途中にまたまた美味しいものが発見!できるかもしれないからです。
その日も一つ手前の駅『秋葉原』で下車して、『神田』まで歩くことに・・・。
途中寄り道しながら、やっと目的地近くまで到着。
目的地はJR神田駅徒歩10分ぐらいの距離のところです。
わかりやすく言えば駅前ですね。
その神田駅前が問題でした!!!
noriさん、道に迷うことに・・・・・!!!!
誰か助けて下さい!!という気分でした。
でも意地でひたすら30分ほど道に迷いながら、やっとの思いで目的のお店に
着いたとき、目にしたものは『臨時休業』の文字。
あ〜と立ちすくんでしまいました(悲)
いつもは予約の電話を一本入れるのですが、その日に限って電話を入れず・・・
運が悪い・・・・・。
と途方に暮れる帰り道、ふと目に入ってきたのが、
この看板『神田きくかわ
f0001841_161355100.jpg


う・な・ぎ!!
noriさんの大好物ではないですか!!
匂いに誘われながら、店内に入っていく私です。

f0001841_16142662.jpg


『神田きくかわ』は昭和22年創業の鰻の老舗。
毎日吟味した活ウナギを直接各店に配送されてるその味は何より脂のノリ、
小骨が口に当たらないおいしさです。
f0001841_16153049.jpg

イ、ロ、ハ、大串うな丼とグレードがありますが、
こちらの名物大串蒲焼は只今されてられませんでした。(残念)
写真はうな重の「イ」お新香、お吸い物、デザートつきです。

こんがり炭火で焼かれた江戸前鰻。
身がふっくら、たれも美味しい。

f0001841_1616191.jpg


はじめお重がでてきたとき、すごいボリューム・・・と感じましたが
美味しくてペロリと残さず頂きました。

f0001841_16163341.jpg


肝吸い、こちらも絶品です。
f0001841_16171093.jpg

肝がプリプリとした食感は新鮮そのもの。
出しもちょうど良いお味。

『神田きくかわ』は江戸前の鰻屋。
美味しさの秘けつは愛知県三河の専用養殖場で丹念に育てられた鰻を
備長炭であぶった後、蒸して余分な油を落とし、
その後ふたたび特性のたれをつけて焼き上げます。
丁寧に処された大振りの鰻は香ばしさを身にまとい、お行儀よく体を
折りたたんで小さなお重に納まって登場するのが、きくかわ流のだしかたでしょうね。
たれはつよすぎず、薄すぎず。
鰻の味を壊さないバランス。
でも薄いと思えば、テーブルに用意されているたれがあります。

その美味しさに満たされたnoriさんの疲れは飛んでいったかのように
力が湧いてきました。
そんな、素朴なうな重から、食文化が広まってる現在、
『美味しい』という原点を見たような気もしました。
改めて、『美味しい』という料理を心から味わい、勉強したいと
胸の芯まで届いた晩御飯でした。


東京都千代田区神田須田町1-24-2 
アクセス
地下鉄銀座線神田駅 徒歩1分 
JR神田駅 徒歩3分 
営業時間
月〜金   11:00〜21:00(L.O.20:30) 
土・日・祝 11:00〜20:00(L.O.19:20) 
定休日
年中無休 






人気blogランキング参加中
1日1回応援クリックお願いします。nori

[PR]
by 3rdplacecafe | 2007-09-25 17:24 | 和食

ホテルオークラ東京『スペシャルカレー』

東京・虎ノ門にあります、今年で開業45周年の『ホテルオークラ東京
今日はこちらの西洋料理「テラスレストラン」から『スペシャルカレー』を
ご紹介します。

f0001841_16375234.jpg


裏口から近道へ抜けていく道、風情ある笹の小道となってます。
ホテルオークラは本館と別館に別れてるのですが、虎ノ門の地域はダウンヒルがあるため、地上一階の位置が違うため少々連絡通路が迷路みたいになってます。
でも、そんな迷うお客さま(私です(笑))のために、エレベータの出入り口には
ホテルスタッフの方が常時たってらっしゃって、ご案内してられます。

f0001841_16382932.jpg

こちらが、本館一階にあります『テラスレストラン』です。
f0001841_1639148.jpg

テラスレストランでは9月末までカレーフェアーをされてます。
独特のスパイスの香りが食欲を刺激する、オークラのオリジナルの
肉、野菜、魚介を使ったたくさんのこだわりカレーが楽しめます。
もちろん、ビーフカレー『オークラクラシック』も味わえます。

f0001841_16393140.jpg


その他になっ、なんとメニューにのってない『シェフのスペシャルカレー』があるのです!!!
f0001841_16413511.jpg


こちらが、その噂のカレー『オマール海老のカレー』
ど〜んと、オマール海老が豪快にのってます。
御飯よりオマール海老の面積の方が広い!!
f0001841_16422727.jpg


そして、カレーのルー。
オークラの伝統のルーにオマール海老や魚介をグリルした汁に、小貝柱をふんだんに
入った、特製カレー。
これをかけて頂きます。

f0001841_1643175.jpg


オマール海老、身がプリプリ!!
そして貝柱も大きい!!
本当に『スペシャルカレー』です!!

f0001841_16433154.jpg


魚介類の旨味を凝縮した贅沢な欧風カレーでした。
メニューにはのってないのですが、オーダーをすると作って頂けます。
以前はメニューにのってたのですが、今は、メニューには記載されてません。
この、オーダーを聞いて頂いたサービスの方も
『僕も久しぶりにオマール海老のカレー、見ました。』
と、言ってられました。(笑)
そんな、リラックスできる会話をしながら楽しいランチを頂きました。
ご馳走様でした。


『テラスレストラン』

■カレーフェアー(9月末まで)■

ほうれん草とベーコンのカレー 卵添え
旬の白身魚、海老、帆立貝のカレー
挽肉のキーマ風カレー ナーン添え
骨付き鶏モモ肉のテラスオリジナルカレー煮込み
ポークカツカレー 
ハーフ&ハーフカレープレート (ほうれん草とベーコンのカレー卵添え & 挽肉のキーマー風カレーナン添え)
スペシャルカレー アジアンヘルシーコース 






人気blogランキング参加中
1日1回応援クリックお願いします。nori

[PR]
by 3rdplacecafe | 2007-09-24 19:10 | カレー

京都『下鴨茶寮』旬菜弁当 

京都・京料理と茶懐石の下鴨茶寮
京都の老舗料亭の中の一軒でございます。

その下鴨茶寮の味を気軽に楽しめる行楽弁当をご紹介しますね。

■下鴨茶寮 旬菜弁当 
■価格:¥1,200(税抜き) 

これからの紅葉シーズンにかけて売り切れになってしまうので
数をお求めになられるときは、ご予約下さい。
とデパ地下で購入したときにお声をかけて頂きました。

そんな、人気な行楽弁当です。
包みがさすがにお上品ですね。
f0001841_18112443.jpg


中は2段重ね、ボリュームがあります。

f0001841_18115042.jpg


上の重には13品のおかずが入ってて、下には季節のかやく御飯が入ってます。

f0001841_1812159.jpg


とにかく、綺麗・・・・。
休日の日にこんなお弁当を持って散歩に行くだけでも気分が変わりますよね〜!

ごはんの味付けも薄味でちょうどいいです。

f0001841_1813566.jpg


おかずの一口ずつのおかずが入ってて女性には嬉しいですよね。
品数多く頂けるなんて・・・・。

f0001841_18133281.jpg


湯葉とじゃこの和えなども入ってたリして京都らしいおかずの献立ともなってます。

お弁当一つで気分も変わりますね。




人気blogランキング参加中
1日1回応援クリックお願いします。nori

[PR]
by 3rdplacecafe | 2007-09-23 18:29 | 和食

ぱ〜ぷるさんでご紹介して頂きました

奈良の情報誌『ぱ〜ぷる』さん10月号の101ペ−ジ『10分間COOKING』でnoriさんのレシピをご紹介させて頂きました。
秋茄子を使った家庭でもできる簡単レシピです。
ぜひ、皆さん作ってみて下さいね。
f0001841_10433018.jpg


こちらでご紹介してる『ゴマ味噌だれ』
どの料理でも活用できる万能たれとなってますのでぜひお試し下さいね。
f0001841_10435442.jpg





人気blogランキング参加中
1日1回応援クリックお願いします。nori

[PR]
by 3rdplacecafe | 2007-09-23 10:50 | 3PC information


NORI's kitchen      おいしいだけじゃない。   体をつくるごはんです。   奈良市林小路町24福田ビル3F tel 0742-24-1323 


by 3rdplacecafe

プロフィールを見る
画像一覧

■お店のご案内■ 

3rd place cafe
■■営業時間■■
金曜・・・10時30分~16時30分

土曜、日曜、祝日・・・10時30分~18時


■■定休日■■
月曜、火曜、水曜、木曜 *祝日の場合は営業

現在、マフィンとカフェメニューのみとなってます。ご了承ください。(マフィンお持ち帰り可)


■おすすめ本■
Bloody Moon
〜うまれるまえみたひかり〜
東京・根岸「そら塾」の写真家・野村恵子さんの写真集

最新のトラックバック

アナゴ@天房
from 旦那@八丁堀
「naturaltea ..
from 紅茶の商店街(紅茶専門店・喫..

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧