京都・「京 静華の麻婆丼」

f0001841_915728.jpg

運ばれた瞬間、中国山椒の香りで鼻腔をくすぐらせる。
辛味と痺れがせめぎ合うインパクトのある「京 静華」の“麻婆丼”。(コースの一品)
でも、幾重もの旨味を口中いっぱいに、余韻を残していく優しい味わいです。


「京 静華」
075-752-8521
京都市左京区岡崎円勝寺町36-3 2F
[PR]
# by 3rdplacecafe | 2012-11-29 07:28 | 中華

富山・おがや「ぎんなん餅」 oishii

f0001841_18111960.jpg

富山の人なら必ず知っている「おがや」の“ぎんなん餅”。
ほんのりと香る銀杏風味の羽二重餅は、指でつまむと形がつくほど柔らかい。
つい、雪のような口どけに、もう一つ手が伸びてしまう次第。(笑)
[PR]
# by 3rdplacecafe | 2012-11-27 19:29 | お取り寄せ・特産品

奈良・吉野山「矢的庵」

f0001841_9282257.jpg

続いて、奈良のそば屋の話。
訪れた先は、千本桜で有名な“吉野山”ですが、紅葉に染まる秋の吉野山も温かみ溢れる光景。
そこの上千本にある「矢的庵」へ行ってきました。
頂いたのは、若い店主さんが趣向を凝らした“仁王そば”。
サックサクの揚げ餅のふっくら、もっちりの食感が頬を緩ませます。
そばつゆにつけて食べると、これまた格別。
琥珀色の澄んだつゆに揚げ餅のねっとりとしたコクが加わり、そばの甘味を引き立てます。
この見事な調和は感涙もの。
[PR]
# by 3rdplacecafe | 2012-11-26 07:43 | 麺類

奈良・生駒「三たて蕎麦 春知」

f0001841_845076.jpg

古民家を再生というと、カフェばかりにスポットが当たりますが、そば屋も古い建物を生かしたいい店が、ここ奈良で増えてます。
奈良市街から車で約30分、生駒山の中腹あたりに「三たて蕎麦 春知」あります。
f0001841_85093.jpg

注文は滋味豊かに楽しめる“蕎麦会席”。
f0001841_85858.jpg

自然体の優しい味の季節野菜の料理が続き、
f0001841_861156.jpg

〆は十割手打ち蕎麦で。
f0001841_852715.jpg

清楚で柔らかなそばの甘味と香りは、窓から映る風景とゆっくりとシンクロしていきます。
[PR]
# by 3rdplacecafe | 2012-11-25 07:21 | 麺類

愛媛「別子飴本舗」

f0001841_20115531.jpg

“手みやげ”って、センスがそのまんま表れてしまう。
なんとも、難しい・・・。

愛媛に行ったときに見つけた「別子飴」。
ぜひ、手みあげに使いたいお気に入りです。
民芸調の包み紙で両端を“キュッ”と留めているだけ。
甘みの本質の素朴な味わいと手仕事の良さが、その包み紙に色濃く映し出されています。
まぁ、そこに一目惚れしてしまったわけなんですが。(笑)
[PR]
# by 3rdplacecafe | 2012-11-24 20:24 | お取り寄せ・特産品

京都「月ヶ瀬のあんみつ」

f0001841_8455538.jpg

たぶん、和菓子の方が好きなんだと思う・・・とくに、粒餡。
職業柄、洋菓子の方をイメージされることが多いのですが、
時折食べたくなってしまうんです。
この「月ヶ瀬のあんみつ」。
[PR]
# by 3rdplacecafe | 2012-11-24 07:45 | スイーツ

奈良・大淀「ラ・ペッシュ」のモンブラン

f0001841_21155099.jpg

とにかく、目がはしゃいでしまう。
たっぷりと絞り上げられたマロンクリームに。
オーダーが入ってから仕上げる「ラ・ペッシュ」のモンブランは、限りない軽さに頬が緩々・・・。
栗の豊かな風味に舌が嬉しがってしまいます。
[PR]
# by 3rdplacecafe | 2012-11-23 21:22 | スイーツ

大阪・心斎橋「魚はん」・鱧鍋

毎年、梅雨が明けた時分に、ほんのいっときだけの楽しみがあります。
それが、”鱧鍋”。
今年も「魚はん」にて。
f0001841_19514830.jpg

いつもの”おまかせコース”の一品は心地よく胃袋を満たしてくれます。
f0001841_19515785.jpg

中でも、鯨のさえずりの刺身は麗しいルックス同様、品のいい甘さ。
f0001841_1952681.jpg

そして、これが本命の”鱧鍋”。
f0001841_19521457.jpg

まず、鱧をサッと出汁にくぐらせ、そのまま口中に運びます。
すると、身がほろりとほどけ、ほどよい歯ごたえに、淡白で上品な甘さが広がっていく・・・、そんな余韻を残してくれます。
合わせる野菜は、淡路島産玉ねぎ。
これが、また憎い。
鱧の甘みに加え、玉ねぎの甘みでさらに旨味が増し、風味豊かな出汁が完成されていく。
この素材が相まった極上の出汁は、〆のにゅうめんで残さずに・・・。


「魚はん」
大阪市中央区東心斎橋1-16-7
06-6243-4548 要予約
[PR]
# by 3rdplacecafe | 2012-11-23 20:13 | 和食

岐阜・飛騨古川「壱之町珈琲店」

f0001841_20121286.jpg

どちらかと言えばコーヒー党ですが、マニアではない。
でも、喫茶店で飲むコーヒーが一番好きかもしれない。
だから、喫茶店マニアになるんでしょうか(笑)

というわけで、飛騨古川で自分好みの喫茶店を見つけてきました。
そこは、壱之町珈琲店。
明治時代に移築された古民家を改築した喫茶店。
時を感じさせる漆黒の柱や天井、そしてアンティークの調度品が、珈琲の味を引き立たせます。
そんな、珈琲の向こう側の物語がまた醍醐味なんです。
[PR]
# by 3rdplacecafe | 2012-11-22 20:21 | 喫茶店

静岡・浜松「中川屋」

丸一日の休みを利用して、静岡まで行ってきました。
その帰りは、いつもの悪いクセ、”寄り道”(笑)。
向かった先は、天竜川沿い近くにある創業明治10年という老舗「中川屋」。
お目当ては、この店のオリジナル「うなぎとろろ茶漬け」。
f0001841_8145913.jpg

まず最初は、お茶碗にご飯と鰻を載せオーソドックスなスタイルで頂きます。
サクッと箸が入るその手ごたえに胸が弾みます。
飴色の明るい光沢を放つ鰻は、何とも脳髄まで甘く響く美味しさ。

次に、再びご飯と鰻、そしてワサビとネギの薬味を加えてお茶(出汁)を注いで食べます。
f0001841_8151132.jpg

さらさらと、さらさらと入る鰻茶漬け。
口中で絶妙にほどけ合います。

最後は、またまたご飯と鰻、そしてとろろ汁でフィナーレです。
f0001841_8151989.jpg

とろろと鰻の相性に、思わず頬が緩んでしまいます。
とろろの粘りと、タレの甘みの粘り気が、しっとりと柔らかな鰻とほっこりと炊き上げたご飯を包みこむ逸品。

これぞ、鰻の交響曲!う~ん、満足。
[PR]
# by 3rdplacecafe | 2012-11-22 08:30 | 和食


NORI's kitchen      おいしいだけじゃない。   体をつくるごはんです。   奈良市林小路町24福田ビル3F tel 0742-24-1323 


by 3rdplacecafe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■お店のご案内■ 

3rd place cafe
■■営業時間■■
金曜・・・10時30分~16時30分

土曜、日曜、祝日・・・10時30分~18時


■■定休日■■
月曜、火曜、水曜、木曜 *祝日の場合は営業

現在、マフィンとカフェメニューのみとなってます。ご了承ください。(マフィンお持ち帰り可)


■おすすめ本■
Bloody Moon
〜うまれるまえみたひかり〜
東京・根岸「そら塾」の写真家・野村恵子さんの写真集

最新のトラックバック

アナゴ@天房
from 旦那@八丁堀
「naturaltea ..
from 紅茶の商店街(紅茶専門店・喫..

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧